会社を作る

「会社を作る」の流れのページです。

会社設立の流れ

では会社を設立するためには、どういった方法で、どのような流れで手続きをすればいいのでしょうか?かなり面倒な手続きですが、会社を設立するためにはこういったことを1つ1つ確実にやっていくことが大切です。まず流れとしては、はじめに基本事項を準備します。どういった屋号を使い、どのような仕事をするのか、機関はどうなっているのか、また株式会社の場合は、株式の総数と1株当たりの金額を定款に定めておく必要があります。基本ができたら照合・調査されて、似たようなものはないかどうかを調べられます。この診査を通ったら、定款を作成して会社の基本方針や理念などを定め、出資金を払い込んで最後に登記申請という形になります。1つの会社を作るということは、とても大変なことです。それと同じくらい手続きも大変で面倒なものは多いですが、これを乗り越えてしまえば、後はどのようにして形をしていくかということ1つに限りますので、最初の試練だと思って面倒臭がらずにきちんと行いましょう。一通り流れをつかんでおけば、あとは行政書士の先生などに相談しておくと手伝ってくれることがありますので、もしわからないことがあれば、行政書士の先生を通すようにしましょう。

関連リンク