会社を作る

「会社を作る」の設立前のページです。

会社を設立する前にやること

会社を設立するにあたって、当然ですが最も重要なのは、設立前の準備にあります。これを怠ってしまうと、設立中に必ずつまずきますし、それどころか起業にまで至らない場合もあります。まずは設立前の準備をしっかりとして、軌道に乗るまでの起爆剤としましょう。まず基本的に、起業するのには基礎知識が必要になります。起業するための経営者としての知識はもちろんですが、その分野に関する十分な知識があるのかどうか、またその分野に対して情報収集を絶え間なくできる手段があるのかどうかということも大事です。また経営者として、会社法をよく理解しておく必要があります。会社法とは、全国の会社に規制をかけるための法律で、起業するためにはこうしなくてはならない、営業するうえでこういうことをしてはならないという取り決めが、ぎっしりと書かれています。これは守らないと、当然ながら法律違反となってしまいます。法律は知らなかったでは済まされませんよね。知らず知らずのうちに法律違反をしないように、経営者は、きちんと会社法を知り、また改正になった場合には、それを速やかにキャッチできるようにしておかなければいけません。必要な書類も様々ありますが、何よりも大事なのは、会社を設立するための意欲や意志です。会社を設立するには、とてつもない苦労が必要です。たとえ困難にぶちあたったとしても、それを乗り越えるだけの覚悟と根性が必要になります。

リーブ21のカウンセラー情報サイトはこれ
リーブ21を徹底調査~カウンセラーから実績まで~

関連リンク