会社を作る

「会社を作る」の種類のページです。

会社の種類

2006年の新会社法の施工に伴い、有限会社が新しく作らなくなりました。代わりにLLCや合同会社という会社形態ができ、現在会社法で作れる会社は4つの種類があります。1つ目は最もポピュラーな株式を発行するタイプの株式会社。2つ目は新会社法で新しくつくられた合同会社。3つ目は会社というよりも事業組合に近いLLP。4つ目は社員が無限の責任を負う合資会社があります。それぞれに特徴やメリット、デメリットがあり、どの業種の、どういったタイプの仕事を行うのかによって、選ぶ会社形態を決めるのがいいと思います。また経営方針などによっては、途中から別の会社へ移行した方がいいということもあります。新会社法の設立によって、有限会社が廃止され、有限会社を株式会社へ移行させるというような動きが高まりましたが、各会社形態によって制限の幅が違うので、自由度がきかないために、ほかの会社形態に移行するということもあります。最近では、もともと相互会社だったある保険会社が、相互会社ではできることが少なく、お客様のためにならないということで、自由度の高い株式会社に移行したという例もあります。実際に自分が起こそうとしている会社は、どの会社形態でやれば最も力を発揮できるのか、まずは見極めましょう。

関連リンク